水理模型実験

複雑な水の流れや土砂の動きを、実験模型で再現する事で、その複雑な流れを実際に目で見ることが出来るのが最大の特徴です。
近年、水理計算手法の進歩は著しいですが3次元の複雑な現象を表現する事は不十分です。また、一般住民の方の関心を高め、起こりうる現象に対しての理解を深めて頂くためには、生の現象を見る事の出来る水理模型実験は有効な手法の一つです。

模型実験の例

調節池に関する実験 橋脚に関する実験

砂防堰堤に関する実験 降雨による斜面崩壊に関する実験

下水道ポンプに関する実験 塵芥捕捉に関する実験

実験模型製作の例

1. 中心線、横断線の位置出しをする。 2. コンクリートブロックで模型の側壁を製作する。

3. 横断データからベニヤ板で横断板を製作し、模型に設置する。 4. 横断板の間を砕石で中込めし概略の地形を造る。

5. モルタルで横断板の間をつなぎ地形を再現する。 6. 模型の完成(給排水等の施設を製作後完成)。

株式会社PCER

本社
04-7128-5240
東京事務所
03-5244-5630
つくば研究所
029-850-9020
仙台事務所
022-341-7513
埼玉事務所
080-3473-3408

Copyright©2010 Pacific Consultants Environment Research Co.,Ltd. All rights reserved.