地下水

日本のような温帯地域で地表が植物で覆われているところでは、降雨の50%が土壌に浸透し地下水になるといわれています。さらに地下水はやがて河川に流出するのですが、1年を通じて地下水のたまり(貯水層)に浸透する降水量と流出する地下水の量が等しいため地下水は一定の量を保っています。地下水も公共用水域と同じく、家庭用、工業用、農業用に利用されています。地下水の水質は、周辺環境の要因たとえば廃鉱山・工場・家畜・不法投棄・開発などにより常に汚染の危険にさらされています。分析調査によって汚染源の特定と浄化対策立案が可能になります。分析方法は地下水をメンブランフィルターでろ過することによって土壌成分をとり除き、得られたろ液を用いて分析を行います。

株式会社PCER

本社
04-7128-5240
東京事務所
03-5244-5630
つくば研究所
029-850-9020

Copyright©2010 Pacific Consultants Environment Research Co.,Ltd. All rights reserved.