動植物調査

哺乳類・鳥類・両生・爬虫類・陸上昆虫類・魚類・底生動物・真正クモ類等あらゆる項目の調査、また、オオタカ・クマタカ・イヌワシなどの猛禽類の行動圏調査などの保全対策調査、河川水辺の国勢調査や水と緑の渓流づくり調査、発信機を使用したヤマネの行動圏調査、コウモリの生息調査、コアジサシやチドリの繁殖状況調査、ヒヌマイトトンボの生態・分布調査などを行います。

弊社には、分類群ごとに、生態・環境応答・保全対策等における豊富な知識と調査経験を持った専門のスタッフがいます。

見つけだすこと

当該地域において、あらゆる手がかりからできる限り多くの生物種の確認に努めます。私たちが見つけださなければ、その存在を世に知られることなく絶滅してしまう可能性があるということを常に念頭に置き、調査を行っています。 

【植物調査】
植物相調査 植樹調査

【哺乳類調査】
ヤマネ巣箱調査 ハープ&カスミ調査 テレメトリー調査

【鳥類調査】
 
営巣調査 定点調査 テレメトリー調査

【魚類・底生動物調査】
 
潜水調査(ヤマメ) アユ成熟度
(精巣・卵巣・発眼卵)
底生動物調査

【昆虫類調査】
 
任意調査 ライトトラップ(カーテン法)調査 ライトトラップ(ボックス法)調査

株式会社PCER

本社
04-7128-5240
東京事務所
03-5244-5630
つくば研究所
029-850-9020

Copyright©2010 Pacific Consultants Environment Research Co.,Ltd. All rights reserved.